現在のカゴの中

商品点数:0点

合計金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品コード: 0151-A

0151-A>ゴルゴ13《未完長編劇画001~020製本版145円専科》

販売価格(税込): 2,900
ポイント: 580 Pt
シリアルNo:0151-A
タイトル:ゴルゴ13
作者:さいとう・たかを
原作者:さいとう・たかを
編集部:SPC/リイド社
少青年:青年/劇画
P数:260
刷生年:S58
刷西暦:1983
集全:1~20
欠本:21~191~
一巻:145円
完集:未完長編製本版
冊数:20
価格:2,900円
『ゴルゴ13』(ゴルゴサーティーン)は、さいとう・たかをによる日本の劇画。

超一流のスナイパー(狙撃手)・暗殺者「ゴルゴ13」ことデューク東郷の活躍を描く劇画である。

1968年11月から小学館『ビッグコミック』にて連載中。

リイド社の単行本(SPコミックス)は2020年4月の時点で196巻を数え、この巻数は日本で3番目[* 1]であり、2017年には総発行部数2億部を超える[1]。

連載継続中の漫画としては日本で4番目の長寿漫画[1][2][3]である。また、連載期間は、2020年3月時点で51年4月となるが、この数字は、同一作家による連載漫画としては日本で5番目の長さである.
作品のほとんどには狙撃の依頼者がいて、コードネーム:ゴルゴ13(英称:Golgo 13、略称:G)ことデューク東郷に特殊な依頼ルートを経由して接触する。Gは個人的ルールにそぐう場合にそれを請け負い、ひとたび請け負ったならいかなる困難があろうと完遂する。これが、概ね一話完結の物語として発表されている。

狙撃の依頼者がいない作品としては、Gの出自を探求・推理する作品、Gが何かしらのトラブルに巻き込まれる作品、Gの狙撃完遂率がほぼ100%であるが故にGに狙われているとの噂に惑わされる人々を描いた作品等、Gによる狙撃が中心ではない作品もしばしば見られる。

依頼されたGの狙撃対象は人間のみならず、物品、あるいは事象の場合もある。それは、世界情勢、経済状況、人間関係等において、対象がGの狙撃によって排除(死亡等)あるいは機能不全にされることにより、依頼者にとっての分かれ道となる。

依頼者は、Gによる狙撃完遂によって、自らの成功あるいは有利となることを期待しているが、依頼者が意図した結果をみるとは限らない作品も多々見られる。

すなわち作品の中には、己の人生の分岐を他人であるG任せにし、期待した結果にならない場合もあるのである。

いずれにせよ、狙撃という手法から各国の諜報機関等から「テロリスト」と認識され、各国には過去の狙撃とその結果起きた事象のレポートが蓄積されている。各国の諜報機関はGの動向を逐一ウォッチしており、国益にかなう場合は援助する一方、国益に反する場合には徹底的に攻撃を加える。そのような国家権力との間の多勢に無勢の戦いであろうと、Gは生き残る。

さて狙撃は本来、非合法である。それでも狙撃を依頼する者たちは、この作品の中では非合法の裏社会の者のみならず、国家の中枢にいる者や、一般市民である例も多い。すると、非合法の狙撃を決断するほどの依頼者たちの背景や心理状況が描かれ無くては物語としては成立し得ない。

そこで、多数の協力者が執筆した脚本を元に作品が創られている。実在の事件がイメージされるエピソード、または実在の公人をモデルにした人物の登場もあるが、いずれもあくまでもフィクション
  • 数量
0151-A>ゴルゴ13《未完長編劇画001~020製本版145円専科》 0151-A>ゴルゴ13《未完長編劇画001~020製本版145円専科》 0151-A>ゴルゴ13《未完長編劇画001~020製本版145円専科》 0151-A>ゴルゴ13《未完長編劇画001~020製本版145円専科》 0151-A>ゴルゴ13《未完長編劇画001~020製本版145円専科》

今すぐこの漫画を読む

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

PAGE TOP